副作用を減らす方法

まず、利点を詳しく見る前に私達の月経周期といくつかの単語についてよく知っておく必要があります。
女性の月経周期と関連しているホルモンは、エストロゲン、テストステロン、プロゲステロン(黄体ホルモン)の三つに大きく分類されるが、
私たちが最も大切にしているホルモンは、エストロゲン、プロゲステロンです。

この三つが毎月同じパターンで28日の月経周期に影響を与えます。以下 参照。

個人差がありますが、女性の平均月経周期は28日です。
それぞれの期間に最も影響を与えるホルモンを書き留めてみると、このように分類されます。

1日から14日まで、卵胞期 – エストロゲン
14日には、排卵期
14日から28日までは黄体期 – プロゲステロン

上記の表を見れば、1?14日までは、
 エストロゲンが優勢になり
突然排卵期を起点に14?28日まで、
 プロゲステロンが優勢になります。

千代ミルクはこの点を利用して
元来、エストロゲンが活発に活動する時期に、エストロゲン補助食品を、適切に使用する必要があるといいます。
ですから1?14日までは、継続してエストロゲンの影響力が強いバストアップ補助食品を使用し、
14?28日の間は、プロゲステロンが優勢になるようにエストロゲン製品を適当に調節しなければならないということです。

簡単に図で説明すると、このようになります。

その後、副作用を減らすためにバストアップの経験者は、どのように補助的な食品を使用したのでしょう?

*千代ミルク
生理開始から14日間   - エストロゲン製品(+プロゲステロン製品)
14日から、次の生理.まで   – 弱いエストロゲン製品(+プロゲステロン製品)を使用

*mustgrowの著者
生理開始から14日間 – エストロゲン製品
  14日から次の生理まで – プロゲステロン製品お世話になってるサイト⇒野菜洗剤

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です